老人性うつ病の特徴

老人性うつ病の特徴

老人性うつ病には若年期や壮年期と追って、さらに、いくつかの特徴があります。
まず一見、軽症のようにみえますが、発症すると症状は長引き、しかも一度治っても再発しやすいこと、老人性うつ病では若い世代の発症とは異なり、遺伝的、内因的な要素の影響は少ないことなどがあげられます。かわりに老化に伴う脳機能の低下や、生活の変化など環境的な要因によるもの、身体的な疾患が原因で始まるものが多くなっています。

 

遺伝的な影響を受けにくいというデータとしては、50歳以後に発症したうつ病の人の家族の病歴との関連性は1割にも満たなかったのに対し、若い時期に発症した場合の家族の病歴との関連性は2割を超えているというものがあります。
さらに若年期に発症する遺伝性のうつ病のケースは15.7%、老年期では9.3%という報告もあります。それだけ老人性うつ病は脳の機能低下を除けば環境的な要因の影響が強いということになります。

 

ある研究者は、うつ病患者100人のうち60人が、発病の前に大きな生活の変化を体験し、それがもとになった、いわゆる精神的ダメージが大きかったと指摘しています。つまり、老人性うつ病は環境を整えることで、ある程度、予防もできるわけです。

 

若年性と老人性うつ病の比較

 

若年性

老人性

行動

活発でない 多動

不安・焦燥

内向する 訴えが多い

心気症状

あまり訴えない
(ある場合は仮面うつ病)

訴えが多い

妄想

ある ある

食欲不振

ある ある

不眠

ある ある

便秘

ある ある

その他

特になし 発熱・脱水

感染症・循環器疾患

特になし 多い

薬の反応

一般に薬効は高い 副作用が強い

回復・再発

個人差がある 一般的に回復が遅く、再発しやすい

 

 

老人性うつ病の特徴は身体的症状の訴えが多い

老人性うつ病の特徴は、身体的な症状を訴えるケースが多いという点です。主な訴えは、肩こり、頭痛、耳鳴り、吐き気、不眠、痩せるなどですが、このほかにも若年層の仮面うつ病と同じように、腹痛、頭痛、胸の痛み、関節痛など、からだのあちこちに痛みを感じています。

 

いずれも原因となる疾患はないのに、からだの不調を訴えることを心気症候群といいますが、これも老人性うつ病の大きな特徴の一つです。

 

老人性うつ病にかかった人は、よく記銘力の低下を訴えます。いま聞いたこと、やったことをすぐ忘れてしまうというのが記銘力の低下といわれるものです。これは認知症の初期によくみかける症状なので専門医でも誤診することがあります。

 

ほかにも認知症と老人性うつ病の区別は、なかなかつきにくいものですが、うつ病の場合は知能検査での記憶の障害は特に認められません。

 

うつ病の場合では病状が改良されれば、記憶の障害もとり除かれていきます。うつ病の重症期には認知症ともみられるような知的障害がありますが、これも記憶の障害と同じように、うつ病の回復につれて改善されます。

 

いずれにしろ、認知症とうつ病とは違いますから、専門医に早めに相談し、うつ病が認められた場合は、早期の治療を受けるようにしましょう。

 

老人性うつ病の特徴関連ページ

老人性うつ病は老化による認知症と混合されやすい
老年期のうつ病は認知症、いわゆる痴呆と混同されがちですが、早期に発見して治療を開始すれば回復も可能です。
高齢者の生活環境の変化はうつ病のきっかけに
高齢者の生活環境の変化はうつ病の発症に大きな影響があります。できるだけ避けるか、慎重にしたいものです。
喪失体験が老人性うつ病の発症のきっかけに
老人性うつ病の発症に深いかかわりがある環境要因の中で、特に注目されるのは「喪失体験」とよばれるものです。
60代を迎える前の準備|老人性うつ病
65歳以上の高齢者が、80代、90代の世話をするという、超高齢化社会では家族一人ひとりが負える範囲の責任を分担した新しい親子関係の基盤をつくっておく必要があります。
老年期には、ときには被害妄想も|老人性うつ病
活発だった高齢者が何かをきっかけに、急に気力を失ったようにみえると、周囲の人は認知症や年齢のせいと決めつけるケースが多くみられます。
老人性うつ病の治療法(抗うつ剤とグループ療法)
老人性のうつ病治療には薬剤によるものと、行動療法の一つに当たるグループ療法があります。
老人性うつ病の治療は専門医との出会いが鍵
専門医との出会いが、一人の高齢者の心の健康をとり戻す!
 

躁うつ病 仮面うつ病 子供のうつ病 老人性うつ病 引っ越しうつ病 リンク サイトマップ